About this site – What was that? –

はじめまして。ご訪問ありがとうございます。

このブログのタイトル、What was that?は Rebecca Kai Dotlich の ”What was that?”という詩に由来しています。

 

Hello, thank you for visiting.

This blog’s title “What was that?” comes from a poem “What was that?” by Rebecca Kai Dotlich.

What_Was_That_5 finished

 

What was that? by Rebecca Kai Dotlich       

What was that

あれは何だったんだろう

that made me blink?

私の目を瞬かせたもの

Made me wonder,

私を驚かせ

made me think?

私を考えさせたもの

Turned me inside

私の表と裏をひっくりかえし

upside down

さかさまにし

under, over

下に上に、

all around?

ぐるっとさせたもの

What was that

あれは何だったんだろう

that I just heard?

ただ聞こえてきたもの

A treasured tale,

秘密の物語、

a magic word?

魔法のことば?

A breathless thought

息もつけないような思い

Inside my head –

私の頭の中

What was that

あれは何だったんだろう

that I just read?

あの、私がただ読んだものは

( from “I am the book”  poems selected by Lee Benett Hopkins, Holiday House, 2011 ) 


 

この詩は、子供向けの、本についての詩ばかりを集めた、I am the book という詩集の中の一篇になります。

素敵な本に出会ったときの、驚きと喜びが、子供にもわかりやすい英語で表現されています。

すっかり大人になってしまった私は、本を読んで、こういう気持ちになることは少なくなってきました。

子供のときは本当にこういう気持ちで本を読んでいたような気がします。この詩を読んだら、小さい時の自分を思い出すようで、とても幸せな気持ちになりました。

何かに感動するとき、本当にあれは何だったんだろう?と思うことがありませんか。

これは本についてのことだけではなくて、

日々の中でも、芸術に触れる時でも、映画やスポーツを観るときでも、友達とのたわいない会

話の中でも、 そういう瞬間や、気持ちをもった経験がないでしょうか。

私たちの心は常に動きたいのではないかと思うのです。

私たちの送る毎日がいつも感動的であったり、輝いているわけではないですよね。

どちらかといえば、ルーティーンをこなすことで頭の中がいっぱいだったりします。

この詩にあるような、子供のころの純粋な感動が自分の中にもないかどうか、少し立ち止まって見つめる場があったら、毎日が少し幸せになるような気がしています。

海老原 羊

 

This poem is quoted from a poetry anthology for children titled ”I am the book,“ which exclusively consists of poems about books.

The surprises and the delights of discovering a wonderful book are expressed in simple English that children can understand.

I have been an adult for a while already, and I no longer get these feelings from a book as much as I did before.

I think I really did read books with these feelings as a child. This poem reminded me of what I was like in my childhood and filled me with happiness.

Do you not feel ”What was that really?“ when you are moved by something?

Does it not hold true with other things in life? Have you not experienced such a moment or a feeling, when you are just living your life, discovering a work of art, watching movies or sports, or just talking with your friends?

I think our hearts always want some motion.

Our everyday lives are not always impressive or shiny.

We are rather preoccupied with getting done with routine activities.

I’m thinking my days would bring a little more happiness if I had the chance to ask myself whether I had the same pure emotion as I did as a child, a chance embodied by this poem.

Yo Ebihara

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中